人形の秀月

2000年の歴史を持つ本場京都の今日人形の正統技法を受け継ぐ伝統の人形師 二代目秀翁師

伝統の人形師 二代目秀翁師写真

二代目秀翁師は、18歳より初代秀翁に師事、昭和51年より京人形師の名工に弟子入りし、5年間の長きにわたり、師の元で正統派京人形の伝統技法を習得しました。
以来、正等の京人形師の流れを汲む一人として、かたくなに京人形製作の理念を守り、技術の研鑽を重ね、(社)人形協会より「人形功労賞」を授与された経歴を持つ、ひな人形会の重鎮として位置づけされています。受賞等な少ないものの、その作品は、京人形の格調ある特徴を生かし、忠実にして頑固に伝統を守り伝えたもので、現在、雛人形を語るときは、必ずその名前が挙がるという名匠として、広く知られている人形作家の1人です。

内閣総理大臣賞をはじめとする、各賞受賞作家 現在人形師として最高峰に輝く 四代目秀華師

伝統の人形師 四代目秀華師写真

初代秀華師は、江戸時代より広く知られていた雛人形師四代目年々斎一光に師事した方でした。後に分家独立し自工房を興し、多くの弟子を育成、一光斎一門を形成しました。初代秀華は、雛人形界に多大な功績を残した一人でもあります。
四代目秀華師は、父である三代目より、幼少の頃より激しくこの初代の理念理想と雛人形づくりを伝授され、学業を終えてからは他門下にて修行、昭和50年に現名を襲名しました。以来コンテストや作品展において、内閣総理大臣賞を初めとし、通産大臣賞・東京通産産業局長賞(2回)・埼玉県知事賞・岩槻市長賞・岩槻市商工会長賞(3回)・岩槻観光協会賞等、毎年連続して数々の受賞・入選を果たす、輝かしいキャリアを誇る作家として注目されています。

このページの先頭へ

秀月ブランドの強さに職人の技術あり!最高級桐胴・一刀彫木手

魚袋(ぎょたい) さりげなさにあらわれる気品のあかし

魚袋写真魚袋(ぎょたい)は、節会の日に右の腰あたりに石帯の第一と第二の石帯の石の間に吊した飾りのことです。一般の雛人形には、魚袋がつけられているものは大変少ないですが、秀月では、「本物志向」の証としてこの魚袋でお殿様の腰元を飾っています。

石帯(せきたい) 後ろ姿を彩る高貴なしるし

石帯写真石帯は「いしのおび」とも呼ばれ、玉(石)を付けた帯ことで、公卿や殿上人にだけ許された貴族のしるしであり、貴族の正装である束帯着装の一つです。一般の雛人形では、この石帯の飾りのない帯がほとんどですが、秀月では、隠れた部分まで気品を大切にしたいとの気持ちをもって、この高貴な印である石帯でお殿様の後姿を飾っています。

最高級桐胴 見えない部分までこだわる最高の品質

最高級桐胴写真一般の雛人形の胴(体の部分)には、藁(わら)やプラスチックが使われていますが、秀月の雛人形の胴には、最高級の桐を用いています。桐は、和箪笥などに使用される最高級の木材で軽く虫が付きにくいことで知られています。特許取得

雛人形
襪(しとうず) 隠れた部分こそ、より本格的に

襪(しとうず)写真襪(しとうず)は、昔ながらの仮名遣いでは「したうづ」と書いていましたが、これは「したぐつ」の訛りで「クツ」をはくときに用いる「クツ下」のことです。一般の雛人形には、この襪(しとうず)は使用していませんが、秀月では、お殿様に高貴な印としてこの襪(しとうず)を使用しています。

最高級木手(一刀彫) 厳選された素材と仕上げ技術で美しい手元を表現

最高級木手(一刀彫)写真これまで一般の雛人形の手は、プラスチックや石膏でできていて、傷が付きやすいものでした。秀月では、大変な技術と手間を要し大量生産が不可能なため、今まで雛人形に使用されることがなかった最高級木手「一刀彫(職人が小さな人形の手を一つ一つ彫る)」で仕上げています。

このページの先頭へ

比類なき造詣の美を堪能する本仕立本着付桐胴仕様

秀月オリジナル「本仕立本着付雛人形」は、人間の着るものと同じように一枚の衣装として仕立てるため、衣装の布の量を通常よりはるかに多く必要とし、また高度な技術をもつ職人でないと、人形の胴に着せ付けることが出来ないという大変高価でかつ時間が掛かる仕上です。秀月では、お客様に本物の雛人形の最高級品をお届けいたしたく、また、日本の素晴らしい伝統技術として後世に長く承継していきたいと、心を込めて創りあげました。

本仕立てイメージ
本仕立て

着付けが自然で柔らかい雰囲気に仕上がり、
優しい印象を与えます。

新作ひな人形

この他にも秀月では、お買得品から逸品ものまで、豊富な種類のひな人形・五月人形をご用意いたしております。

SL-6001:十五人飾り
\860,000(開口135×奥行170×高さ190cm)

SN42A-37:十人飾り
\295,000(間口75×奥行66×高さ72cm)

SN42A-53:五人飾り:収納
\196,000(間口60×奥行50×高さ60cm)

SA42A-84-1:親王飾り
\218,000(間口75×奥行40×高さ37cm)

SA42A-100:親王飾り
\210,000(間口70×奥行40×高さ43cm)

SA42A-105:親王飾り
¥179,000(間口60×奥行38×高さ30cm)

SA42A-127:親王飾り:収納
\198,000(間口60×奥行35×高さ45cm)

SA-0120:プラチナ箔押鎧兜飾り
\475,000(間口70×奥行43×高さ57cm)

鎧旭光10号:鎧兜飾り
\380,000(間口80×奥行60×高さ89cm)

SA-0010:鎧兜飾り
\248,000(間口60×奥行65×高さ61cm)

SB-10-25:兜飾り
\239,000(間口70×奥行40×高さ53cm)

SB-08-25:兜飾り
\213,000(間口60×奥行40×高さ47cm)

SB-11-25:兜飾り
\190,000(間口73×奥行47×高さ52cm)

SB-03-25:兜飾り
\151,000(間口55×奥行40×高さ43cm)

●掲載されている商品はほんの一例です。この他にも、種類豊富にご用意いたしております。
●万が一掲載品が品切れの際は、ご容赦ください。
●店頭価格には消費税は含まれておりません。

このページの先頭へ